【ARアプリ開発者必見!!】人気ARアプリをまとめてみたら未来のヒットアプリが見えてきた。

Pocket
LINEで送る

GoogleGlassのようなヘッドセットが普及すれば、見たものをすぐに調べられる「ARで検索」も当たり前になるでしょうし、AR空間上に落書きメモや順路などを残すこともできます。

今までのスクリーンがスマホ画面から、リアル空間全体に変わることになりますので、大きなビジネスチャンスがアプリ開発者のもとに訪れるといっても過言ではありません。

そこで今回は現在の時点でどんなアプリが市場に出ているのか、そして2年後にどんなアプリが流行るのかを占う上で、ベンチマークしておきたいアプリをご紹介します。

iPhoneXを片手に、Let’s enjoy AR!!

Contents

写真撮影・画像加工が目的のARカメラアプリ

AR TOY トイカメラ

星でお絵かきAR

星のようにキラキラしたペンで空間にお絵かきできるARカメラアプリ。

Chamoji

顔を自動認識して、動物の顔を被せてくれるカメラアプリ。

Arrow – ARテキスト&絵文字

空間に浮かぶデカ文字と絵文字でデコれる動画撮影アプリ。

未来をシミュレーションするアプリ

IKEA Place

原寸大の3D家具を仮想的に配置できるアプリ

VirTry バートライ-メガネ・ヘッドホンをバーチャル試着

顔の動きに合わせてメガネが付いてくる。実際にかけているような試着アプリ。

WANNA NAILS — Mani Shopping

気軽に試し塗りできるARネイルアプリ。

ModiFace

ARでメイクアップ、カラーコンタクト、ヘアスタイルなどをシミュレーションできるARアプリを開発。
AI(機械学習)で精度をあげている。ロレアルが企業買収。

FittingRoom by Avametric

GAPは近日中に、拡張現実(AR)アプリ『DressingRoom』をリリースすると発表。

 

サン·サーベイヤー (Sun Surveyor)

太陽の位置と動きをアプリで予測。ロケのスケジュール考案、ガーデニングの計画に役立つアプリ。

Blocker by AfterNow

ポリゴンの人間を配置して、監督の頭のイメージを写真におさめるアプリ。

AR津波ハザードマップ(防災情報提供ARアプリ)

GPS情報と連動して周辺の仮想浸水深をチェックできるアプリ。

花火大会シミュレーター

カメラを覗くと、花火の方角と大きさを教えてくれるアプリ。

SpaceStationAR

人工衛星が通る軌道や時間をカメラを通して風景の中に確認できるアプリ

 

カメラ越しに拡張現実(AR)を体験するアプリ

InstaSaber

丸めた紙をカメラで認識させると、ライトセーバーが出現するARアプリ

Makebox AR

スマホを持って歩き回りながらブロックを積む、ものづくり体験ができるアプリ。

LEGO® AR Studio

ARでレゴ体験ができるアプリ。

TweetReality

ARを利用したTwitterクライアントアプリ。

AR TOUR OCEAN

AR水族館が楽しめるアプリ。

 

城ラマ – AR長篠城

城郭復元ジオラマが現実拡張で楽しめるアプリ

MagicMovieCamera-ARでアリエナイ動画を撮影

ARで空間に動く3Dを配置できる動画撮影アプリ。

AReader

図鑑にカメラを向けるとモノが飛び出すなど、立体コンテンツを楽しめるアプリ。

AR山ナビ -日本の山16000-

スマホをかざすと、前方にある山の名前、標高、距離がわかるアプリ。

星座早見AR

よりリアルに星座の観測を楽しめるAR星座早見アプリ

 

SATCH VIEWER

現実のあらゆる物に対して、好きなARデコレーションを作成できるアプリ。

ARナビキャラ:紙面に埋め込むAR

チラシやパンフレット上にARキャラが出現するアプリ。

日経AR

紙面では伝わりきれない情報が、ARの映像や音楽となって発信されるアプリ。

 

AR空間(拡張現実空間)に記録を残すアプリ

Fish Record AR

AR魚拓。釣った魚の大きさや、場所、仕掛けを詳細に記録できる

Just a Line – Draw in AR

AR空間に落書きを残すアプリ。2人同時に絵が描ける。

Yesterscape – AR タイムマシン・カメラ

空間の上に昔撮った写真が浮かび上がる。撮った写真をその場所・日時に保存しておけるアプリ。

 

ファインダー越しに使うことで利便性を体験できるアプリ

Measure

ファインダ越しに物体の長さが測れるアプリ。

MeasureBot

A4用紙を使って首回りや身丈などのサイズを自動採寸するアプリ。そのままフリマに出品できる。

CamToPlan PRO

部屋の角に印を立てるだけで、平面図の作成ができるアプリ。

 

ATM・店舗検索 お近くのATMが簡単に探せます!

地図を見なくでも風景をカメラで写せばATMへナビしてくれるアプリ。

指さしナビ

画面上に指が表示され、進む方向がわかるアプリ。

ARCity – AR Navigation

実際の道にルートが表示されるARナビアプリ。

 

SketchAR: how to draw with AR

スマホに下絵を入れ、リアルの紙にトレースできるアプリ。

uMake – 3D CAD Modeling

スケッチする感覚で、ラフな図面から精密な図面まで制作でき、制作物を目の前に設置して眺めてみることができるアプリ。

 

3D Scanner Pro

現実世界の物体をスマホでスキャンし、3Dオブジェクトとしてそっくりそのまま拡張現実(AR)空間に再現できるアプリ。

自治体協賛?ARアプリ・観光ARアプリ

東山動植物園ARカメラ(北海道旭川市)
伊香保ナビ(群馬県)
上毛かるたAR(群馬県)
くまあぷAR(熊谷市)
OMIYA ARDIJA AR(埼玉県さいたま市)
万世橋・交通博物館 思い出のぞき窓(東京都千代田区)
南アルプス市(山梨県)
越前おおの観光ナビゲーション 結なび(福井県大野市)
とよかわ観光アプリ(愛知県)
京都駅ビルeAR(京都市)
泉佐野まち処(大阪府)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™公式アプリ大阪市
AR難波宮(大阪市)
ゆるり旅 奥出雲ごこち(島根県)
酒都なび(広島県東広島市)
くまフォト for iPhone(熊本県)
えびなび(宮崎県えびの市)
さいとココなび(宮崎県西都市)
石垣島観光なび(沖縄県)
南風原町観光アプリ(沖縄県)

ARアプリ企画・開発の講座をご用意しました。

iOS11より、拡張現実(AR)の「ARKit」と機械学習に関する機能「Core ML」が搭載され、話題を呼びました。現在はそれぞれバージョンがあがり、AR Kit2・CoreML2となって、さらに機能豊かなアプリが実装可能となっております。

そこで、1日でこれら全てが丸わかりできるプログラミング講習会を開催いたします。

 

Appleは2020年に、ARにも仮想現実(VR)にも対応する強力なヘッドセットを開発中と噂されております。
未来を先回りして、その可能性にかけたいエンジニアの皆さま、ぜひご参加ください。

【12/15(土)】ARアプリ開発講座(ARKit2・CoreML2が1日ですべて丸わかり)

【ARアプリ企画者必見】ARアプリをヒットさせるための13のヒント

Pocket
LINEで送る

ikiben